都ほとり

こころに浮かぶ思いを気ままに文(ふみ)に書きなして、世の人に伝え広めたい

   

このブログでは縦書きタグを使っているので、ファイアフォックスなどではうまく表示されません。インターネットエクスプローラーを使うようにしてください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ひさびさの更新です


平成20年(皇紀2668年)12月11日(水曜日) 第5号






 暫く更新を怠ってしまいまして、本当に申し訳ないです。大学のテストがかなり重なって、しかもバイトも結構忙しかったので、ブログのほうが一月近くほったらかしになってしまいました。
 俳優の加勢大周さんが大麻で有罪になったみたいですね。うちの大学でも、大麻を吸っていた人がいたことが発覚したので、全学アンケートがあるらしいです。もうやってるのかな?実は私もちょっと吸ってみたいなという気はあります。日本でではなく、オランダとかで。学生だったら、そういう好奇心も大事なんじゃないですかね。勿論法律の範囲内でね。
 最近はどうも景気が悪くなってきたようで、内定取消しが多いみたいで大変ですね。政治のほうも相変わらず混乱していますし、世の中混沌としていますね。私は自民党主導でも民主党主導でもどちらでもいいから、とにかく政治を安定させてほしいです。世界中で不景気になり



つつある中だからこそ強い指導力が欲しいものです。さて、私の就職活動も大変そうです(まだ先の話ですが)。景気が悪くなって企業が採用を控える時期に就職活動の時期が重なっちゃうと悲惨ですよね。こればっかりは個人の能力とは関係ないですからね。雇用を安定させるために、政府が強く働きかけるべきですね。就職できなかった人がニートになっては困りますからね。

人気ブログランキング
↓押して貰えると嬉しいです→
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2008/12/11(木) 00:19:12|
  2. くさぐさ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:3

脱ヲタ日記 ~その一~


平成20年(皇紀2668年)11月14日(金曜日) 第4号






 「脱オタクファッションガイド」という本がある。いわゆるオタク系ファッションの人が人並みあるいはそれ以上にお洒落になるべく書かれたもので、著者の久世氏のウェブサイトの内容を書籍化したものだ。漫画によるストーリーが面白くて分かり易かったし、具体的な手順やファッション用語の解説などもあって、ファッションに縁のなかったオタクの人にも優しい内容だ。
 さて、私はことし大学に入ったのだが、とてもじゃないがお洒落とは程遠かった。ユニクロの白いカーゴパンツにジーンズメイトなどで買ったよれよれのシャツ、薄汚いハイテクシューズといった、まさにオタクな格好で毎日大学に通っていたのである。このまんまではまずいと思っていた。こんな格好では女の子も寄り付かないだろうし、女の子でなくともこんなダサい奴とは一緒に歩きたがらないだろう。そして、思い立った。ことしの九月から脱ヲタを始める決意をし、今それが進行中なのだ。



 そこで、まず参考にしたのが「脱オタのための基本形」というページである。これは2ちゃんねるのファッション板にあるスレッドの内容をまとめたものである。おおかたここに書いてある順序に従って、靴や服を買ったりしていった。では、次からは具体的にどうして言ったかを書いていきたいと思う。乞う御期待。

人気ブログランキング
↓押して貰えると嬉しいです→

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2008/11/14(金) 23:38:48|
  2. 脱ヲタ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定額給付金 ~生活苦に喘ぐ労働者に多く配れ~


平成20年(皇紀2668年)11月14日(金曜日) 第3号






 前に派遣の仕事をしたことがある。大学入試が終って、入学までかなり長い間暇であったから、その間少しお金を稼ぎたいと思い、インターネットで仕事を探していくつかやったのだ。中でも一番きつかったのが、運送屋の仕分けである。集積所に方々から集まってくる荷を宛先ごとに分けていくという内容だ。夜に始まって次の日の朝に終る。本当は五日ぐらい続けて行く筈であったが、あまりにきついから途中でやめた。こういう仕事は進んでやりたいとは思わないが、誰かがやらねば経済が成り立たない。
 ところで、政府が提案した定額給付金をめぐり所得制限を設けるか否かで、与党内では随分と揉め、結局は自治体に委ねるということになった。しかし、未だに疑問が残る。こたびの給付金は経済を活性化させることが目的の筈だが、果して高所得の人に一二、〇〇〇円ぽっち配ったところで新たに消費意欲など起るだろうか。一方、月収数万円の労働者にとって、その額はとても大きい。そういう人が多く貰うほうが、よっぽど消費意欲は沸くし、

経済効果も大きいのではないか。
 格差が叫ばれる昨今、きつい肉体労働と生活苦に喘ぐ人に少しでも多くの恵みを与えるべきであろう。折角配ったお金が金持ちの箪笥に眠るようなことがあってはなるまい。

人気ブログランキング
↓押して貰えると嬉しいです→

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/11/14(金) 00:26:47|
  2. 政治
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

田母神論文 ~反省なき自画自賛~


平成20年(皇紀2668年)11月13日(木曜日) 第2号






 航空幕僚長の田母神俊雄氏の出した懸賞論文が問題になり、彼が更迭された問題で、あれこれと議論が交わされている。彼は論文の中で、支那事変や大東亜戦争がアジア諸国の殖民地支配からの独立を早めたと言っている。確かにそうかも知れない。しかし、そうだとしても日本はこの戦争で大負けし、大陸や満州の権益をすべて失い、朝鮮、台湾、樺太など、日本人が血を流して得てきた新しい領土をすべて失ったのである。それに加え、あまたの無辜の同胞も失ったのである。これは日本にとって大損害ではないか。あの戦争が正しかったなどと回想する前に、もう二度とこのような失敗をしないよう反省するのが先ではないか。反省もなしに過去を正当化するだけではまた同じ間違いをするに違いあるまい。大東亜戦争でも、緒戦の大勝利に浮かれて、反省と言うものを忘れ、時流を見極められなかったからこそ、あのような酷い負け方をしてしまったのではないか。


また、あの戦争を起したのはコミンテルンや米国政府の仕業だと言うが、そんなことを言ったってどうしようもなかろう。結果的に彼らが勝ってしまった以上、彼らのほうが一枚うわてであったということである。結局そうなってしまったのは、合従連衡、権謀術数のはびこる世界で日本が無策であったからである。
 今度日本がまた戦争をするようなことがあっても、もう何も失ってはならない。そのためには過去を讃えるばかりではなく、何がいけなかったのかということを謙虚に分析して、次に備えるべきである。

人気ブログランキング
↓押して貰えると嬉しいです→

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

  1. 2008/11/13(木) 01:00:38|
  2. 軍事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ始めます


平成20年(皇紀2668年)11月11日(火曜日) 第1号






 さて、きょうからブログを始めたいと思う。実は前に一度やっていたのだが、途中でやめてしまったので、こたびは何とか続けて行きたいと思う。
 思えば、昔の言論といえば、新聞や雑誌、政党などを通して世に言い広めるものであったが、そのようなことは一般の人にとっては到底できるものではない。しかし、今ではブログを通して、自分の思うところを広く伝えられるようになった。これは、言論の道が、地位や名誉のある限られた人から、ごく普通の人にまで広げられたという意味で、とてもすばらしいことだと思う。そういうわけで、私も拙いながらも、このブログという新しい媒体を用い、くさぐさのことを伝えたいと思い、このブログを始めるにいたったのである。




人気ブログランキング
↓押して貰えると嬉しいです→

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

  1. 2008/11/11(火) 23:41:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

けふのうた

倭建命、能煩野にましましけるときに国偲ひて詠み給ひける歌
やまとは国のまほろばたゝなづく青垣山ごもれるやまとしうるはし
古事記

大東亜戦争海軍の歌 大日本帝国陸軍戦線二万粁1/4

外へのつなぎ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。